ご挨拶

産業構造が1980年代後半に入ってから、従来の重工業精算中心からハイテク産業へとrt/急速に変革を見せ、情報化社会が到来いたしました。

なかでも、その中心としてソフトウェア産業がその将来的必要性を高く評価され、幾多の企業において最重点戦略産業と捉え、多くの企業が急減にソフトウェア産業に進出して競争が激化いたしました。
しかし、1990年代に入り、政治不信などによる混迷から経済不況が始まり、経営基盤の最も弱いといわれたIT業界は、たちまち活力を衰退し、不況業種の指定を受ける結果となり、その中にあってそれぞれの企業における自活勢力と互助精神に支えられ、今日に至る企業維持が図られてきたことと思われます。

とりわけ、わたし共に与えられた仕事は、IT関連全般にわたる事業展開に徹し、IT業界の一員として多くのお客様のお役にたてることは、わたし共の大きな誇りであるとともに、その責任をしっかりと認識した上で、お客様の期待に報えることを目的として取り組んでおります。

また、高度な技術力・信頼性・品質を目指し、お客様からご評価いただくことを念頭におき、お客様への「S&S(サービスとサポート)」をスローガンに社員一同、努力を惜しまず、いっそうの研鑽をつづける所存でございます。

boss